iPhone5をWiMAXで楽しもう!

WiMAXを使ってのiPhone5接続、プロバイダの比較など

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneとWimaxで携帯代が安くなる!?




 私はiPhoneでこの方法を実践していますが、今回紹介する通信料節約の方法はiPhoneに限ったものではありません。iPhoneユーザーもAndroidユーザーも関係なく、スマートフォンを使っている方なら誰でも節約することが可能な方法です。


 タイトルにもある通り、スマートフォンと合わせて「Wimax」を契約し、スマートフォン単体の通信料上限より安くなる方法を紹介します。


【WiMAXとは】

 WiMAXとはWi-Fiに変わる新しい「高速モバイルデータ通信サービス」で、電波の届くところであれば広い範囲で利用することができます。

 外出先や移動中も高速インターネットを楽しむことができるので、WiMAXを使ってスマートホンをWi-Fi接続することができるのです。


 WiMAXを使えば全ての通信機器を束ねることができるので、iPhoneをWiMAX経由で利用することによりパケット通信費を最低ラインで抑えることができます。

 その上ゲーム機、iPad、外出用のノートパソコンから自宅のデスクトップパソコンまで全てを賄うことができるので、非常に経済的であると言えるでしょう。



【スマホのパケット料金を最低額に抑える】


 最初に「どうすれば通信料の節約になるのか?」について理解していきましょう。


 スマートフォンを普通に使っていると、あっというまに各携帯キャリアが用意している「パケット定額プラン」の上限額に達してしまいます。

 しかし、各携帯キャリアが用意しているデータ通信方法(3G)を利用せずに、WiMAXのモバイルルーターを準備した上でスマートフォンのデータ通信をオフにし、Wi-Fi接続のみを使うようにすればパケット通信費を最小に抑えつつスマートフォンを毎日使うことができます。


 それではパケット通信を最大まで使った月と、最小に抑えた月ではどれくらいの差が出るのか見てみましょう



【Androidのパケット利用差額】


【Docomo】
 「パケ・ホーダイ ダブル」(390〜5,985円)

 ⇒ 差額 5,595円


【au】
 「ダブル定額スーパーライト」(2,100〜5,985円)※iPhoneを除く。(iPhoneは定額4,980円のみ。たぶん)

 ⇒ 差額 5,595円


【SoftBank】
 「パケットし放題 for スマートフォン」(390〜5,985円)※iPhone以外の場合

 ⇒ 差額 5,595円



【iPhoneのパケット利用差額】


【au】
定額4,980円のみ


【SoftBank】
「パケットし放題 for スマートフォン(標準プライスプラン)」(1,029〜4,410円)※iPhoneの場合

 ⇒ 差額 3,381円


 WiMAXの運用で毎月これだけの差額が生まれます。


 WiMAXのプロバイダにも色々あるのですが、私が利用しているのはBIGLOBE WiMAXです。




 BIGLOBEはNECが運営するプロバイダー最大手で、料金も業界最安値です。

 常設的にキャンペーンを開催していますが、私が知る限りでは今回のキャッシュバック額の「1万7000円」は今までの最高金額で、私が契約した時は8000円でした。


 又、プロバイダ会社毎に比較ランキングを作りましたので、よければご参考下さい。



【WiMAXご契約時の注意点】

 WiMAXは比較的新しい通信規格で、エリアの拡大はどんどん進められていますが、繋がりにくい地域もあるようです。

以下のリンクから住んでいる地域の電波状況(サービスエリアマップ)が確認できます。

UQ WiMAXサービスエリア


 自身の行動範囲での利用が可能であればかなり良い選択肢になります。普段あなたが外出するエリアを調べてみて、購入の参考にするのはいかがでしょうか。




スポンサーサイト

| iPhoneとWimaxで携帯代が安くなる!? | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。