iPhone5をWiMAXで楽しもう!

WiMAXを使ってのiPhone5接続、プロバイダの比較など

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

iPhone Wi-Fi設定編

【はじめに】


 iPhoneを無線LANで接続する場合、無線LANルーターメーカー各社が接続方法を個別にHPで解説している場合があります。

 既にルーターを持っている方は、販売元のHPで一度確認しておくことを推奨します。

 又、これからルーターを購入する方は、そういった設定HPを持っているメーカーの製品を選ぶと良いでしょう。

スポンサーサイト

| iPhone Wi-Fi設定編 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

softbank版iphone5メール設定

MMSで使うメールアドレス(○○○@softbank.ne.jp)を、自分の好きなアドレスに変更する

※Softbankの携帯から機種変更した人は、今まで使っていたメールアドレスのまま使えるので変更不要。



SafariのブックマークからMySoftbankを選択、携帯のパスワードと電話番号を入力してからログインする。

パスワードは940001から届いたSMSで発行されています。
パスワードが分からない場合は、「パスワードを忘れた方」のリンクから再発行してください。


in004.png



「メール設定」を選び、「変更する」ボタンを押してメールアドレスを設定する。
e0005.png



「設定」→「メッセージ」から「MMSメッセージ」をオンにする。
MMSメールアドレス(softbank.ne.jp)を記入する。
g0006.png



以上でメール設定は完了です。お疲れ様でした。

| softbank版iphone5メール設定 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

au版iphone5メール設定

※3G回線にて設定を行います。WiFiは必ずOFFにしてください



ホーム画面にある緑色のメッセージアイコンをタップする。

宛先を「#5000」、本文を「1234」と入力してメールを送る。

au01.jpg



メールを送信すると「メール設定URL」が届くので、URLをタップする。

するとauの公式サイトに繋がります。そこで「メール利用登録設定」をタップ。

h005.jpg



メール利用登録設定を済ませると「メールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」が記入されたメッセージが届く。
これらを忘れないようメモして保管する。

u4.jpg



「設定」から「メール/連絡先/カレンダー」→「アカウントの追加」を選択する。

p75.jpg



一番下の「その他」を選んでから「メールアカウントを追加」を選択する
jk25.jpg



③でメモした「メールアドレス」「パスワード」をアドレス、パスワードの欄にそれぞれ記入してから進む。

※アドレスを記入する際、「.」(ドット)を連続で使用したり、「@」(アットマーク)の前に使用していると設定時に弾かれます。一旦適当なアドレスで設定を完了して、後から希望のアドレスに編集しなおす必要があります。

au16.jpg



「メールを取得出来ません」と表示されるが気にせずにOKを押す。

5873.jpg



「パスワード」「メールアドレス」「ホスト名」は自動的に記入されている。
ユーザー名も@の前が自動で入るがそれを消して③でメモした「ユーサー名」を記入する。

au17.jpg


以上でメールアドレスの設定は完了ですが、フェッチ(メール取得時間)の設定を行っていない方は「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「データの取得方法」のプッシュをオンにしてください。


お疲れ様でした。

| au版iphone5メール設定 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iphone5の最初に知っておくべきこと






9月21日にソフトバンクと au(KDDI)の2社から発売された「iPhone 5」。もう手にした人も多いのではないでしょうか。

 さて、iPhone5で最大のサプライズといわれているのが、テレビなどでも大きく取り上げられて話題になった「デザリング機能」というものです。

 この「テザリング」とは、多くのiPhoneユーザー念願の機能であるといわれている訳ですが、そもそも「テザリングとはなにか」を知らない人もまだまだ多いハズ。


 そこで、テザリングによって何ができるのかを簡単に解説します。


 テザリングとは、iPhone 5 を無線 LAN(Wi-Fi)に接続するルーターのように使用することで、Wi-Fi の接続に対応したゲーム機やノートパソコンなどで簡単にインターネットが利用できるようになるという機能です。

 iPhone 5から発信された電波を受信できる無線LAN対応機器があれば複数台でその電波に接続し、全ての機器でインターネットが利用できるようになります。

 早い話、iPhone 5を所持している状態ならば、どこへ出かけようとあなたが持っている「プレイステーションVita」や「ニンテンドー 3DS」、さらにはiPadなどをiPhone 5経由でインターネット接続することができるようになるのです。


「iPhone 5さえあれば他のインターネット機器を無料で使い放題だ!」



これだけ聞くと夢のような機能ですが、はたして利点だけなのだろうか?

何かデメリットがあるのではないだろうか?


実はこの機能、無視できない程度に「デメリット」も存在するのです。

以下に「iPhone5でのデザリング」をするにあたっての注意点をまとめてみました。


【毎月の請求金額が高くなる】


 iPhone5でデザリングをするには事前に申し込む必要があり、au、ソフトバンク両社とも、iPhone5でテザリングを利用する場合の料金が525円掛かります。

 一定期間内に申し込みをすると2年間無料になるキャンペーンを期間限定で両社が競い合うように行っていますが、それ以降に契約すれば通常通り、毎月525円が発生します。



【1ヶ月に7GBのデータ量制限がある】

 
 iPhone5のテザリングを利用するうえでの注意すべきこととして、データ量による帯域制限が挙げられます。

 auでは、データ量が最大7GBを超えた瞬間に帯域制限が行われ、通信速度が送受信ともに128kbpsに制限されてしまいます。

 ソフトバンクであるなら、

 http://mb.softbank.jp/mb/information/details/101112.html

に記載されている通り、3.6GBで制限されてしまいます。


 両社ともそれぞれ通信限度を設けている訳ですが、これが非常に厄介。

 128kbpsという通信速度がどれだけ低速であるかは、au版iPhone4Sを持っている方であれば、通信モードが「○」(1x)になっている時の通信速度が144kbpsなのだから、それと同等かそれよりも低速になるものと想像してもらえれば分かりやすいですね。

 動画は勿論、少し重たいサイトを開くのに1分以上かかってしまう事だってあります。



 iPhone5単体での利用であれば、Youtube,UStreamなどの動画サイトを頻繁に利用しない限り最大7GBというデータ量を超えることは少ないです。

 しかし、テザリング利用時は、使い方次第であっという間に到達してしまうデータ量であることに注意が必要です。 
 タブレットとの組み合わせであれば、iPhoneと併用することで合計データ量は2倍、3倍と増えることになるので、定期的に当月の通信量を確認しながら使わなければ

「月の前半で制限に到達してしまった。翌月まで遅く不便な回線で過ごさなければいけない」

といった事態も考えられます。
パソコンの場合はiPhone、タブレット以上にデータ量が増える可能性が高く、このような事がより起きやすいと言えるでしょう。


【バッテリーの消費が激しい】


 また、au、ソフトバンク両社に共通する注意点としては、テザリングはWiFiとデータ通信を同時に使用するため電池消耗が激しく、バッテリーの保ち時間が激減するということ。

 そして、結果的に電池寿命を縮めることになるということ。

 iPhoneはバッテリ交換がユーザレベルではとても困難なので、すなわちiPhone5本体の寿命を縮めることに直結します(AppleCareに加入していれば電池交換をすることも可能ではある)。

 テザリングは便利な機能である反面、デメリットも多いため、メイン端末としている方はテザリングはあくまでも緊急用と考えた方が無難でしょう。

 どうしてもメインで使いたい場合、充電器を持ち歩いてこまめに充電したり、別途バッテリーを持ち歩くなどの工夫が必要になります。




 そこで私は、iPhone5のデザリング機能で他のインターネット接続機器を使用するのではなく、WiMAXを使ってiPhone5と他のインターネット接続機器を使用するという方法を取っています。

BIGLOBE WiMAXキャンペーン



 WiMAXとは

 WiMAXとはWi-Fiに変わる新しい「高速モバイルデータ通信サービス」で、電波の届くところであれば広い範囲で利用することができます。

 外出先や移動中も高速インターネットを楽しむことができるので、WiMAXがデザリングの代わりを果たしてくれるのです。

 
 又、WiMAXにはいろいろな特徴があります。


【データ量が無制限で使い放題】


 私がWiMAXを使っているもっとも大きな理由に「帯域制限」がないことが挙げられます。

 先述したように、iPhone5のデザリング機能では月に一定量の通信を行うと制限がかかり、本来の性能が使えなくなってしまいます。

 WiMAXには通信量の上限がないので、iPhoneをWiMAX経由で利用することはもちろん、あなたが持っている全てのインターネット通信機器が定額で利用できるようになります。
 


【月々の支払いが安くなる】


 WiMAXを使えば全ての通信機器を束ねることができるので、iPhoneをWiMAX経由で利用することによりパケット通信費を最低ラインで抑えることができます。

 その上ゲーム機、iPad、外出用のノートパソコンから自宅のデスクトップパソコンまで全てを賄うことができるので、非常に経済的であると言えるでしょう。

 具体的な節約方法は右の記事をご参照下さい。



 WiMAXのプロバイダにも色々あるのですが、私が利用しているのはBIGLOBE WiMAXです。




 BIGLOBEはNECが運営するプロバイダー最大手で、料金も業界最安値です。

 常設的にキャンペーンを開催していますが、私が知る限りでは今回のキャッシュバック額の「1万7000円」は今までの最高金額で、私が契約した時は8000円でした(笑)


 又、プロバイダ会社毎に比較ランキングを作りましたので、よければご参考下さい。



【WiMAXご契約時の注意点】

 WiMAXは比較的新しい通信規格で、エリアの拡大はどんどん進められていますが、繋がりにくい地域もあるようです。

以下のリンクから住んでいる地域の電波状況(サービスエリアマップ)が確認できます。

UQ WiMAXサービスエリア


 自身の行動範囲での利用が可能であればかなり良い選択肢になります。普段あなたが外出するエリアを調べてみて、購入の参考にするのはいかがでしょうか。




| iphone5の最初に知っておくべきこと | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhoneとWimaxで携帯代が安くなる!?




 私はiPhoneでこの方法を実践していますが、今回紹介する通信料節約の方法はiPhoneに限ったものではありません。iPhoneユーザーもAndroidユーザーも関係なく、スマートフォンを使っている方なら誰でも節約することが可能な方法です。


 タイトルにもある通り、スマートフォンと合わせて「Wimax」を契約し、スマートフォン単体の通信料上限より安くなる方法を紹介します。


【WiMAXとは】

 WiMAXとはWi-Fiに変わる新しい「高速モバイルデータ通信サービス」で、電波の届くところであれば広い範囲で利用することができます。

 外出先や移動中も高速インターネットを楽しむことができるので、WiMAXを使ってスマートホンをWi-Fi接続することができるのです。


 WiMAXを使えば全ての通信機器を束ねることができるので、iPhoneをWiMAX経由で利用することによりパケット通信費を最低ラインで抑えることができます。

 その上ゲーム機、iPad、外出用のノートパソコンから自宅のデスクトップパソコンまで全てを賄うことができるので、非常に経済的であると言えるでしょう。



【スマホのパケット料金を最低額に抑える】


 最初に「どうすれば通信料の節約になるのか?」について理解していきましょう。


 スマートフォンを普通に使っていると、あっというまに各携帯キャリアが用意している「パケット定額プラン」の上限額に達してしまいます。

 しかし、各携帯キャリアが用意しているデータ通信方法(3G)を利用せずに、WiMAXのモバイルルーターを準備した上でスマートフォンのデータ通信をオフにし、Wi-Fi接続のみを使うようにすればパケット通信費を最小に抑えつつスマートフォンを毎日使うことができます。


 それではパケット通信を最大まで使った月と、最小に抑えた月ではどれくらいの差が出るのか見てみましょう



【Androidのパケット利用差額】


【Docomo】
 「パケ・ホーダイ ダブル」(390〜5,985円)

 ⇒ 差額 5,595円


【au】
 「ダブル定額スーパーライト」(2,100〜5,985円)※iPhoneを除く。(iPhoneは定額4,980円のみ。たぶん)

 ⇒ 差額 5,595円


【SoftBank】
 「パケットし放題 for スマートフォン」(390〜5,985円)※iPhone以外の場合

 ⇒ 差額 5,595円



【iPhoneのパケット利用差額】


【au】
定額4,980円のみ


【SoftBank】
「パケットし放題 for スマートフォン(標準プライスプラン)」(1,029〜4,410円)※iPhoneの場合

 ⇒ 差額 3,381円


 WiMAXの運用で毎月これだけの差額が生まれます。


 WiMAXのプロバイダにも色々あるのですが、私が利用しているのはBIGLOBE WiMAXです。




 BIGLOBEはNECが運営するプロバイダー最大手で、料金も業界最安値です。

 常設的にキャンペーンを開催していますが、私が知る限りでは今回のキャッシュバック額の「1万7000円」は今までの最高金額で、私が契約した時は8000円でした。


 又、プロバイダ会社毎に比較ランキングを作りましたので、よければご参考下さい。



【WiMAXご契約時の注意点】

 WiMAXは比較的新しい通信規格で、エリアの拡大はどんどん進められていますが、繋がりにくい地域もあるようです。

以下のリンクから住んでいる地域の電波状況(サービスエリアマップ)が確認できます。

UQ WiMAXサービスエリア


 自身の行動範囲での利用が可能であればかなり良い選択肢になります。普段あなたが外出するエリアを調べてみて、購入の参考にするのはいかがでしょうか。




| iPhoneとWimaxで携帯代が安くなる!? | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WiMAX比較ランキング

rank1_a.gif
 






 私も利用している大手プロバイダのBIGLOBE WiMAX。ルータなどの初期費用が0円で始められることに加え、最大17,000円のキャッシュバックを実施しています。

 上記リンクからご契約された方限定で、Webアンケートに答えると7,000円のキャッシュバック中!!これが人気の一つになっています。

 キャンペーン内容と提供しているサービスの総合力を考えると、他のWiMAXと比較してもBIGLOBEには優位性があるといえます。

私がBIGLOBE WiMAXを選んだ理由を以下にまとめました。


【初期費用が格安で高額なキャッシュバック!】

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは常に業界最上クラスをキープしています。これは「BIGLOBE」のWIMAX事業に充てる予算が大きいので、WIMAX業界の中でも資金力に差がついている為です。他のプロバイダなら発生するような諸費用も、大部分が無料になっています。

・キャッシュバックが業界トップクラス

・WIMAX端末代が無料

・データ通信量制限なし

・Kindleプレゼントキャンペーン実施中

・工事不要ですぐに利用可能

以上が、他社と比較してBIGLOBE WiMAXが優位な点になります。他社のモバイル通信サービスでは、『キャッシュバックはあるけど初期費用が掛かる』『初期費用は無料だけどキャッシュバックがない』といった事がありますが、BIGLOBE WiMAXはどちらもキャンペーンとして実施しています。








rank2_a.gif


【UQ WiMAX】








 TVのコマーシャルでもお馴染みのブロードバンド会社「UQコミュニケーションズ」が提供するWiMAXのサービス。

 日本全国主要都市に加え、WiMAX搭載パソコンであればアメリカなどの海外でも利用できるのが特徴。WiMAXの本家で、他のプロバイダにWiMAXのサービスを提供しており、信頼性は非常に高いです。

 又、UQ WiMAXの他社にはないサービスに「WiMAX機器追加オプション」があります。

 1回線につき、初回時に契約したWiMAX機器に加えて、1契約あたり最大2台まで、合計3台のWiMAX機器を利用できます。

 このオプションを利用することで、自宅と出先でWiMAX機器を切り替えて使いたい場合、とても便利に使うことができるでしょう。

 料金プランも充実しているので、大変使い勝手が良いです。


UQ WiMAXの詳細をみる




rank3_a.gif



【GMOとくとくBB WiMAX】







 東証一部上場企業であるGMOインターネット株式会社のプロバイダ。セキュリティオプションがずっと無料というのが凄いです。

 これならパソコンもスマートフォンも安心してネットに接続することができます。

 また、入会費・事務手数料・モバイルルーターが全て無料。

 月額利用料も割安な上に毎月、ポイントも溜まるのでさらに安くすることも可能です。


GMOとくとくBB WiMAXの詳細をみる





ranking01_yoni.gif

【BroadWiMAX】








 Link Life社が提供するWiMAXサービスです。サービスそのものは他社と変わりませんが、インターネットからのお申し込み限定ですが、「月額2,999円」で利用できるのが特徴です。この金額は業界最安値です。使うデータ端末も同様ですのでサービスの品質は他社と基本的には同じとなっています。

 ただし初期費用が19,800円と他社と比べても高いので、長期的に利用される方には経済的ということになります。


BroadWiMAXの詳細をみる





ranking01_goi.gif


【VOYAGE WiMAX】









 2011年頃から営業が活発化し、2012年には全国区に上り詰めたVOYAGE WiMAXについて解説します。

 VOYAGE BBという会社が運営しているWiMAXで、月ごとのキャンペーンに特徴があります。

 ・どれを選んでも端末0円
 ・初月利用料が無料
 ・Wi-Fiサービスが永久に0円

など非常に始めやすいサービスが充実しています。


VOYAGE WiMAXの詳細をみる




| WiMAX比較ランキング | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。